特集 の一覧

ルピシアだより 2022.3 WEB
桜香るティータイム vol.1:大島桜のふるさとへ

ルピシアの春の代名詞「桜のお茶」が今年も開花しました。 春が来る期待感を高めてくれる、華やかな桜の香りは大島桜の葉によるものです。大島桜がどのようにして育まれ、「桜のお茶」が生まれるのかをご紹介します。

続きを読む
特集「紅茶占いのススメ」

紅茶占いをご存じですか? 紅茶占いは19世紀後半から20世紀前半にかけて、イギリスを中心に、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどで流行した大衆文化です。

続きを読む
当時の雑誌や絵葉書が語る世代を超えたムーブメント

「The Tea Cup’s Fortune Telling」のタイトルがついた油絵を原画にしたポストカード。ロマ民族の占い師の紅茶占いのシーン。1907年の消印付き。 イギリスやアメリカの新聞や雑誌に紅茶占 […]

続きを読む
専用ティーカップの誕生ストーリー

紅茶占いカップ「Nelros Cup」。1920年代からはエインズレイ社に権利が譲渡され製造されました。その後も他社が復刻をし、現在まで作り続けられているデザインです。初期作品にはカップ中央に「希望」を意味する錨(いかり […]

続きを読む
紅茶占いをやってみましょう!

近代イギリスで最も繁栄し、多くの自治領や植民地を所有していたヴィクトリア朝時代(1837年〜1901年)。19世紀後半になると、紅茶は国民的飲料として日々の生活に欠かせないものとなりました。そんな時代の流れの象徴として生 […]

続きを読む
台湾・紅烏龍の魅力に迫る

紅烏龍発祥の地、台湾・台東県を訪れました。ルーツを知り、生産者の思いを知ると、一杯のお茶はより特別なものになります。

続きを読む
2023年 お茶のアレンジレシピTOP10

ルピシアの公式インスタグラムでご紹介したアレンジレシピの中から、いいね数&保存数が多かった人気TOP10を発表します!

続きを読む
特集「ラプソディ・イン・お茶」

1610年、お茶は日本の平戸からオランダのアムステルダムに渡り、やがて、さまざまな階級、職業の人々をとりこにしていきます。ヨーロッパでの「お茶狂騒曲(ラプソディ)」は、なぜ、巻き起こったのか。

続きを読む
ラプソディ・イン・お茶「アジアは憧れだった」

ヨーロッパの人は、なぜ、お茶にそれほどまでの関心を持ったのでしょう。羽田先生は、当時のヨーロッパの人はアジアに憧れを抱いていたと語ります。

続きを読む
ラプソディ・イン・お茶「ラプソディ・スケッチ」

希少価値が高いお茶をどう取り扱い、どう楽しんだのか。17世紀から18世紀のヨーロッパの風景をご紹介します

続きを読む