モーニング・オルヅォ始めよう

ルピシアだより 2021.8

元気に一日を過ごすために欠かせない朝ごはん。一杯のオルヅォとともに朝食をとって、健やかな毎日を送りましょう。

イタリアで愛される朝食の定番

 オルヅォは、イタリアで愛されている国民的な飲み物です。モンド種という古代種の大麦を低温でじっくり焙煎して作るその味は、日本の麦茶よりも香ばしく、深いコクが特徴。イタリアでは、エスプレッソのように抽出してノンカフェインの「麦コーヒー」として親しまれています。

 オルヅォの本場イタリアでは、オルヅォにたっぷりの牛乳を入れたオルヅォラテが朝食の定番の一つ。ザクザクとした食感のビスケットを浸して食べられています。オルヅォには体に良い栄養素が含まれていることから、健康志向の高まりも後押しとなり、健康飲料として人気が高まっています。

イタリアのカフェではおなじみのオルヅォ。

オルヅォは栄養満点!

 オルヅォの原料となる大麦は、食物繊維を多く含みます。その中でも、モンド種は大麦の約2倍の食物繊維を含み、ミネラルやビタミンなどの栄養素も含むといわれています。

 カロリーは足りているのに、栄養素が不足している「隠れ栄養不足」が多いといわれる日本人。なかでも不足しがちなのがミネラルやビタミンなのだそう。それらを含むオルヅォを栄養のバランスを整えるために活用したいですよね。

 また、私たちの体を作るために不可欠なアミノ酸に関して、オルヅォには日本の麦茶よりも多く含まれているといわれています。日本の麦茶よりも低温で長時間焙煎するため、栄養成分を壊さず維持できるのだと考えられます。

 様々な栄養素を含んでいるオルヅォですが、ノンカフェインなのもうれしいところ。お子様や妊娠・授乳期の方にも安心してお召し上がりいただけます。

オルヅォの原料となる大麦。

ミルク出しがおすすめ

 オルヅォは、お茶と同じようにお湯出しや水出し、どちらでもおいしく召し上がれますが、特におすすめしたいのが牛乳に茶葉を入れて浸出するミルク出し。オルヅォ特有の深いコクと上質な甘みがより引き出されます。

 ミルク出しにすることで、牛乳に含まれるカルシウムなどの栄養を摂ることができるのも魅力。パンで炭水化物、卵やベーコンなどでタンパク質を、サラダやフルーツでビタミン、ミネラルを摂って、ミルク出しのオルヅォで補えば、栄養バランスのとれた朝食の出来上がりです。朝ごはんに一杯のオルヅォを加えるモーニング・オルヅォ。これから始めてみませんか?

\ 詳しくご紹介します /


No Image

ルピシアのオルヅォ

ローマ時代から伝わるイタリア産古代種の大麦を低温でゆっくりと焙煎しました。深いコクと上質な甘みが楽しめます。

No Image

オルヅォのミルク出しに便利な茶器 ハンディークーラー

お湯出しもミルク出しも作れる、便利な耐熱ガラス製茶器です。