ダージリン
ファーストフラッシュとは

そもそも「ダージリン」とは何ですか? そもそも「ダージリン」とは何ですか?

ダージリンは、インド北東部、ヒマラヤ山脈の麓に広がる山岳地帯の地名であり、世界的な高級紅茶産地です。ダージリン産を名乗ることができるのは、インド政府紅茶局が認定した87茶園の紅茶のみ。世界最大の紅茶生産国インドの中でも、ダージリン産は1%程度しかない貴重品です。

ダージリンの茶園は、標高600~2,500mの山の斜面に点在しています。標高が高いため朝晩の寒暖差が大きく、一日に何度も霧が発生。こうしたダージリン特有の自然環境が、世界最高と称される香りや味わいを生み出しています。

中国の祁門(キームン)、セイロン(スリランカ)のウバと並び、世界三大銘茶に数えられるダージリン。茶園を包む深い霧が、上質な茶葉を育みます。

「ファーストフラッシュ」とは何ですか? 「ファーストフラッシュ」とは何ですか?

ダージリンには、春・夏・秋と年3回の旬があります。ファーストフラッシュは、その年の一番初め、春に摘まれた、「ダージリンの新茶」です。

初めて召し上がる方がまず驚くのは、その水色(すいしょく)(お茶の浸出液の色)。一般的にイメージする紅茶のオレンジ色よりも淡く、黄金に輝いています。風味は若葉のようにみずみずしく爽やか。緑茶に似た心地よい渋みもあるので、羊羹(ようかん)や和三盆の落雁(らくがん)など、和菓子にもよく合います。

なぜこんなに種類が多いのですか? なぜこんなに種類が多いのですか?

ルピシアでは毎年、茶園特定のファーストフラッシュを30種以上ご案内しています。お茶の個性は、茶園の地勢や茶樹の品種、作り手の技術力などによって実に様々。同じ茶園でも、畑や製造日が変われば風味も変わります。ルピシアでは、そうした茶園や生産ロットごとの特徴を楽しんでいただけるよう、上質なファーストフラッシュを幅広くご紹介しています。

ダージリンでは、収穫された茶園と生産時期を特定するため、100kg程度の生産ロットごとに、DJ1、DJ2…という通しナンバーをつけて品質を管理しています。ルピシアのダージリン紅茶には、このロット番号を明記。その茶園のそのDJナンバーの商品は、ルピシアでしか手に入りません。

好みの風味を探すコツはありますか? 「好みの風味を探すコツはありますか?

今年のラインアップの風味傾向を分類したチャート表を掲載。お気に入り探しの参考にどうぞ。

爽やかな風味が魅力のファーストフラッシュですが、ルピシアではその香りの傾向を、「果実のような香り」と「花のような香り」の大きく二つに分類しています。まずは香りの傾向が異なる2種類を飲み比べてみると、自分の好きな香りのタイプが分かってお気に入りを探しやすいでしょう。

旬のお茶との出会いは一期一会。気になるお茶がございましたら、ぜひ店舗または通信販売スタッフにお声掛けください。