ダージリン
セカンドフラッシュとは

「セカンドフラッシュ」とは何ですか? 「セカンドフラッシュ」とは何ですか?

春、夏、秋の年3回が旬となるインド・ダージリン産紅茶の中でも、伝統的に最も高く評価されているのが夏摘み紅茶=セカンドフラッシュ。

花々を思わせる爽やかな香り、時に緑茶を思わせる青みのある風味が特徴の春摘み紅茶=ファーストフラッシュと比較して、熟した果実のような香気とコクのある円熟した風味、深い紅色にカップの中で輝くお茶の色味は、まさに紅茶の中の紅茶。別名「紅茶の女王」と称えられる世界的に名高い銘茶です。

セカンドフラッシュのシーズンは? セカンドフラッシュのシーズンは?

セカンドフラッシュのシーズンは、例年5月下旬~6月下旬にかけてのわずか1カ月弱。

シーズン開始時期のセカンドフラッシュは、若々しい青みを残す紅茶も多く見られますが、ピークとなる6月上旬~中旬には、濃厚な果実香とコクのある味わいに変化(図参照)。その後、雨期などの影響で紅茶の味わいや香気が弱まり、シーズンが終了します。

ルピシアでは茶葉そのものの品質と風味に徹底的にこだわり、シーズン全体の中から、これはという個性や魅力があるアイテムを選んで、お客様にリーズナブルでおいしい紅茶をお届けします。

好みの風味を探すコツはありますか? 「好みの風味を探すコツはありますか?

今年のラインアップの風味傾向を分類したチャート表を掲載。お気に入り探しの参考にどうぞ。

円熟した風味が魅力のセカンドフラッシュですが、ルピシアではその香りの傾向を、「果実のような香り」と「花のような香り」の大きく二つに分類しています。まずは香りの傾向が異なる2種類を飲み比べてみると、自分の好きな香りのタイプが分かってお気に入りを探しやすいでしょう。

旬のお茶との出会いは一期一会。気になるお茶がございましたら、ぜひ店舗または通信販売スタッフにお声掛けください。