お客様の笑顔が私たちの目指すところ

私たちルピシアのスタッフは皆「商人」でありたい。商人とはお金儲けが好きな人という意味ではなく「人に喜ばれる物やサービスを提供する人」であると考えています。

創業以来、お客様に喜んでいただくこと、新しいことに挑戦していくことをモットーに、お客様の目線でお茶や食文化の新鮮な情報を発信してきました。お客様との接点を大切に、「美味しい」と笑顔になっていただくことが私たちの喜びであり、商売の原点なのです。

お茶の情報誌「ルピシアだより」は企画、取材、撮影、編集、レイアウトに至るまで自分たちで行い、毎月こだわりをもって内容を吟味しています。また、世界のお茶の祭典「ルピシア グラン・マルシェ」は全社員一丸となって企画・運営するイベント。普段お客様に接する機会のない部門のスタッフもお客様と向き合い接客をさせていただきます。

そして、商売の最前線にいるのが店舗スタッフです。「接客+お茶」のプロフェッショナルを目指し、日々お客様との会話からご要望を的確に察知できるよう心がけています。お茶の魅力を自分の言葉でお伝えできる喜びを最も感じられる役割です。

1杯のお茶を通じて、真心こめてお客様との絆を深めていく。この、私たちの活動に共感していただける皆さんのご応募をお待ちしています。

ルピシアにエントリーする
マイナビ2018