【LUPICIA】環境活動への取り組み ルピシアCSR

「おいしいお茶のある暮らし」をいつまでも

お茶をはじめとするすべての食物は豊かな大地がもたらす自然の恵みです。
20年30年後の世界、そしてその先まで想像しながら
持続可能な世界と環境を次世代に引き継ぐために。
ルピシアグループは自然との共生をこころがけ
より環境に負荷の少ない形での事業を推進します。


近年、社会問題となっている海洋プラスチック問題などを受けて
ルピシアでは今後ビニール素材を使った手提げ袋を順次廃止してまいります。
また2020年4月より、紙製の手提げ袋を有料化いたしました。
この収益は環境保護団体(※)への寄付及び当社環境配慮対策に充てさせていただきます。
今後のご来店の際は、エコバックご持参にご協力をお願いいたします。

ルピシアの製品で最もプラスチックなどを使用しているのは商品を守る包装資材です。
ルピシアで使用するギフトボックスなどの包装資材全般ならびに一部紙製品について
素材の安全性ならびに利便性を検証しながら
より環境に配慮した素材に随時切り替えを行います。

「『Thé(テ)』をつなぐ
クリスマス」
環境に配慮したクリスマス商品

今年のルピシアのクリスマスのテーマは「『Thé(テ)』をつなぐクリスマス」。
商品デザインの「いきものたち」が楽しそうにクリスマスを祝う様子には、この美しい自然を
未来に残していきたいという願いが込められています。ルピシアでは環境活動の一環として、
クリスマス商品においても、環境に配慮した取り組みを行っています。

FSC認証紙を使用した商品パッケージ

クリスマスの商品パッケージには、可能な限りFSC森林認証紙を使用しています。FSC認証制度とは、森林破壊や劣化が世界中で深刻化する中、限りある資源(森林)を、環境保全と経済の両面を考慮した持続的な利用を目指すシステムです。森林の管理や伐採が環境や地域社会に配慮して行なわれているかどうかを評価し、こうした森林に由来することを認められた製品のみにFSCロゴマークが付けられます。

クリスマス限定
オリジナルエコバッグ

未来に残したい動物や美しい風景をデザインしたオリジナルエコバッグは、再生ポリエステル繊維(回収ペットボトルから再生した原料を用いた繊維)を使用しています。また、エコバッグの売り上げの一部は環境保護団体へ寄付いたします。


お求めはこちら
簡易包装の推進

今年のクリスマス商品は、包装紙使用量の削減を目指し、環境に配慮した簡易包装でご用意いたします。「できることから少しずつ」という信念のもと、ルピシアはこらからも自然との共生をこころがけた環境活動を推進してまいります。

ルピシアの環境活動に、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。