ブランドTOP > 採用情報 > ルピシアでの仕事 > スタッフインタビュー
採用情報 - ルピシアでは、ブランドに共感し、共に働いていただける方を募集しております。

スタッフインタビュー

段取りを意識し、子育てと仕事を両立。【ルピシアグルマン 松井裕子】
入社のきっかけ
 紅茶の世界観に憧れて携われる仕事をしたいと思っていましたが、当時はまだ新卒募集がなく、大学卒業後は他の企業に就職しました。しかし、やはりお茶の仕事が諦めきれず、アルバイトから入社しました。
 私が入社した当時はまだ数店舗しか店もなく、とにかく手探りでマニュアルがない中、何でもやってみようという経験が、今に役立っていると思います。
仕事と家庭、どちらも頑張るコツは何ですか?
 店舗の店長や、新規ブランドの立ち上げを経験後、店舗指導の仕事に携わるようになりました。今まではルピシアブランドの仕事が主でしたが、出産後はルピシアグルマンブランドの仕事をしています。店を小さな会社と捉えると、店舗指導の仕事は店舗運営に関わること全てなので、経営者としての視点が欠かせません。常にお客様に喜ばれる店であるかどうかを重要に考え、指導にあたっています。
 入社12年目に産休・育休、復帰後は週4〜5日、1日6時間の時短勤務で働いています。
 家事は、自動掃除機や食洗機、宅配を利用するなどして、時間を有効活用しています。子育てと仕事の両立は大変ですが、幸い理解ある職場に恵まれ復帰することができました。復帰後は常に仕事の段取りを意識し、抜けのないように注意しています。この事は家事を効率良く進めることにも役立っていますし、限られた時間でしか仕事ができないので、移動中や隙間時間でも情報のチェックは欠かさないように気を付けています。
やる気のある方に活躍の場が待っています
 例えていうなら「出る杭は打たれない」会社です。年齢、性別、社歴などとは全く関係なく、やる気や能力があればいくらでも活躍できます。
 ぜひ新しい力で、日常品でもあり嗜好品でもあるお茶の世界の新しい可能性を実現していって欲しいと思います。
入社後の経歴
1998年 入社 有楽町店
→有楽町店 店長
→緑碧茶園青山店 店長
→店舗営業部
→株式会社ルピシアグルマン

> 採用についてのお問い合わせはこちら
Copyright (C) LUPICIA Co., Ltd. All Rights Reserved.
このWebサイト上の文章、写真などの著作物を許可なく複製、使用することを禁じます。