ブランドTOP > 採用情報 > ルピシアでの仕事 > スタッフインタビュー
採用情報 - ルピシアでは、ブランドに共感し、共に働いていただける方を募集しております。

スタッフインタビュー

知れば知るほど深く広いお茶の世界探求と驚きの日々です【生産本部:中村文聡】
五感を働かせる「お茶」の仕事に憧れて
 ある冬の日、アルバイト雑誌でふとルピシア店舗スタッフの募集を見つけた瞬間、なぜか運命的なものを感じました。「お茶」という五感を鋭敏に働かせる仕事に憧れを感じたのかもしれません。
 お店でアルバイトを始めた時は、慣れない接客に戸惑いながらも、気配りを欠かさない先輩たちから多くを学びました。また、お客様とお話しする中で、皆様がお茶の時間をいかに大切にされているのかを知り、この先も「お茶」を自分の仕事にしたいと考えるようになりました。そんな矢先に本社へ異動。一番興味があった日本茶の買い付けを任せてもらい、やがてイタリアの麦茶「オルゾ」やフレーバード麦茶など、新商品の買い付け・開発にも携わるようになりました。
本当の日本茶を世界中に紹介したい
 日本茶の生産者の多くは後継者不足に悩んでいます。またペットボトルや大量流通用のお茶は、没個性で画一的なものになってしまいがちです。そんな中でも様々な工夫を凝らし意欲的なお茶作りをしている生産者もいらっしゃいます。ルピシアではそういうものを出来るだけ紹介し、日本茶の産地をもっともっと盛り上げていければと思います。
 また、ヨーロッパに行くたびにおいしい緑茶がないこと、質の悪いものが日本茶として高い価格で売られているのが悲しく、本当の日本茶を知ってもらいたいという思いに駆られます。日本茶の伝道師となり、世界中においしい日本茶を広めていきます!
何かやりたいと発案したら、粘り強くやり切る。
そんな人と一緒に成長していきたい
 買い付け担当になってから、お茶の世界の奥深さ、広さに日々驚きます。お茶のことを学んでいると歴史や文学など文化的な方面にも広がり、しかも楽しみながら自然に勉強出来るので、お茶が好きな方はもちろん、食などに興味がある方にもやりがいのある仕事であると思います。ルピシアは「自分の仕事はこれだけ」という縦割りなところが無く、様々な仕事を横断的に担当できます。自分で何かやりたいと発案したら、細かいところまで粘り強くやり切る。そういう強い意志を持った方と一緒に仕事が出来ればと思います。
 やり遂げた時は、きっとお互いに何倍も成長しているはずです。
入社後の経歴
2006年 入社 渋谷ショップ
2007年 買い付け・商品開発担当
2010年 製造購買部 部長
2014年 生産本部 部長 

> 採用についてのお問い合わせはこちら
Copyright (C) LUPICIA Co., Ltd. All Rights Reserved.
このWebサイト上の文章、写真などの著作物を許可なく複製、使用することを禁じます。